Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

サツマビーグルのブログ村

Blog

平成29年度猟期トップバッターはアサ号

Posted on November 17, 2017 at 12:34 AM
平成29年度における徳島県の狩猟が11月15日にスタートした。今猟期はイノシシとシカについては3月31日まで延長された。

午前中は、猟銃安全指導員として県警本部及び地元警察の署員と所轄管内における猟場の違反者の取り締まりに同行した。今年の初猟は水曜日であり、ハンターの数は少なかった。多くのハンターは最初の日曜日である11月19日が初猟となるであろう。
我々が若い頃は、狩猟解禁日は会社を休んで出猟したものだが、ハンターも高齢化で昔の様な猟欲もなくなったのではないか・・・(笑)

さて、小生の初猟は11月15日の13時過ぎとなった。お供は、今や当犬舎の大黒柱に成長したアサ号である。アサ号は9月7日に初めての子供が生れ、若いお父さんになった。
仔犬のお父さんと言う自覚があるかどうかは分からないが、犬舎内でも堂々としており、猟場での仕事ぶり(捜索、起し、追い鳴き、追跡、帰り・呼び戻し)は若犬ながらに既にシカ猟犬として完成している。

13時過ぎに猟場に到着。GPSマーカーを装着して林道に放犬。スピード豊かな狩り込みから約5分余りで追い鳴きに変わる。何と獲物はこちらに向かっている。急いで銃袋から銃を取り出しスラッグ弾を2発装填するや否や、何と次々と牝シカが目の前を通り抜けて行く。牡シカを待ったが牝シカの群れの様で、牡は居ないと判断し7頭目の牝シカを撃った。しかし一旦は倒れたが直ぐに起き上がり走り出した。そこにアサ号が追いつき、シカは林道に向かって逃げるが、手負いでもあり足の速いアサ号の相手ではない。林道に転げ落ちた処でアサ号に咥えられ、ナイフで止め差しして終了となった。
アサ号は、約3ヶ月余り山に引いてなかったが、若いのでブランクは無かった。今猟期の更なる成長が楽しみだ。


今猟期の初猟の様子(写真)を紹介する。

写真① 毎年恒例となった吉野川第十堰(石井町)でカモ猟の取締まりの様子
6時34分に夜明け。今年も違反者は無く、無事平成29年度の狩猟がスタートした。
参加者:徳島県警本部・石井署員、徳島県猟友会長、石井町(鳥獣保護員、狩猟指導員、猟銃安全指導員)、他。


































写真②  半矢となった牝シカを林道で咥え興奮気味のアサ号
今猟期の晴れのトップバッターのアサ号は見事に牝シカをゲットし大役を果た。
獲物は半矢となったが高速追跡で林道を駆け下りた処でアサ号が咥えて終了。





































Categories: イノシシ猟, クマ猟, クマ猟犬, サツマビーグル, シカ猟, シカ猟犬, ノウサギ猟犬, ハンター, ブリーダー, 四国プリンス犬舎, 有害鳥獣駆除, 狩猟, 狩猟犬, 猟犬, 猟犬訓練, 薩摩, 薩摩ビーグル, 訓練, GPSドックマーカー

Post a Comment

Oops!

Oops, you forgot something.

Oops!

The words you entered did not match the given text. Please try again.

0 Comments